氏名
太田 徹哉(おおた てつや)
所属
外科
副統括診療部長
教育研修部長
医師育成キャリア支援室長
患者サポート室長、患者サービス推進室長
入退院支援センター長
写真
経歴
昭和63年 岡山大学医学部卒業
平成04年 岡山大学医学部附属病院第二外科医員
平成07年 国立がんセンター中央病院肝胆膵外科
平成09年 岡山大学医学部附属病院第二外科助手(助教)
平成14年 岡山大学医学部腫瘍・胸部外科助手(肝胆膵外科担当)
平成16年 国立病院機構岡山医療センター外科
平成17年 国立病院機構岡山医療センター消化器外科医長,NST室長併任
平成22年 同上、医師育成キャリア支援室長併任
平成26年 同上、教育研修部長併任
平成28年 同上、外科医長
平成30年 同上、外科診療部長
平成31年 同上、副統括診療部長
     国立病院機構中国四国グループ
     診療専門職併任
資格・所属学会
医学博士
岡山大学医学部医学科 臨床教授
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝胆膵外科学会
日本内視鏡外科学会
日本癌治療学会
日本胃癌学会
日本臨床外科学会
日本胆道学会
日本静脈経腸栄養学会
日本腹部救急医学会
日本ヘルニア学会
自己紹介
 消化器外科を担当していますが,特に肝胆膵外科を専門としており、高難易度肝胆膵手術を行う日本肝胆膵外科学会高度技能指導医として認定されています。また、食道・胃・十二指腸などの上部消化管から、小腸,大腸(結腸・直腸)、肛門などの下部消化管、そして肝臓・胆嚢・胆道・膵臓などの肝胆膵疾患、消化器系全ての外科手術に対応できるように修練を積んでいます。
岡山大学医学部附属病院では約650症例,岡山医療センター赴任後は年間約200症例の手術をこなし,この10年間で約2000例の手術を行っています。肝切除・膵切除などの肝胆膵外科では高難易度の高度技能手術を行っており、最近では腹腔鏡下肝切除・膵切除にも積極的に取り組んでいます。腹腔鏡補助下胃切除(LADG, LATG)、腹腔鏡補助下大腸切除(LAC)、腹腔鏡下胆嚢摘出術(Lapa-Chole)、腹腔教下鼠径ヘルニア根治術(TAPP)など、消化器一般外科の内視鏡手術も対応可能です。
外科診療以外にも、教育研修部長として若手医師や看護師など後進の指導にあたっており、教育研修病院として岡山医療センターは高い評価を受けています。副統括診療部長としては、来院患者さまへのサービスを主に担当しており、入退院支援センターにてサポート業務を行っています。
診療におけるモットーは「鬼手仏心」で、最新・最良の手術手技を追求しつつ、手術をしなくても病気が治るような世の中になるよう外科医自身が努力すべきだと思っています。