トップページ 学校の紹介  

教育方針・沿革

3つのポリシー(助産学科)

1.生命及び人間を尊び、倫理的感性を有する人。 2.助産師を目指す明確な動機と強い意志を持ち、真摯に努力すること ができる人。 3.助産を学ぶための基礎的能力を有し、主体的に学び続けることができる人。 4.専門職業人としての責務を自覚し、広く社会に貢献できる人。
 
 
助産師としての専門的な知識と技術を身につけ、周産期を中心に母子とその家族の健康支援ができる専門職を育成するために以下のカリキュラムを編成している。
 
1.基礎助産学では、女性の生涯を通じて性と生殖に焦点をあて支援する助産の基礎を学ぶ。 2.助産診断・技術学では、助産過程の展開に必要な助産診断と支援に必要な基礎的な助産実践を学ぶ。 3.地域母子保健では、母子とその家族を地域における生活者として捉え、保健・医療・福祉との協働について学ぶ。 4.助産管理では、管理の視点で助産業務の特殊性をふまえ、法的責務を理解し周産期医療の質と安全の保障について学ぶ。 5.助産援助論実習では、講義で学んだ知識と技術を活用し、助産過程を展開しながら母子とその家族を支援できる基礎的能力を学ぶ。
 
 
以下の能力を身につけた学生は卒業を認定し、助産師国家試験受験資格、及び受胎調節実地指導員認定講習修了証を授与する。
 
1.所定の単位を修得し、助産の専門職業人としての知識・技術・態度を身につけている。 2.助産師としての責務を自覚し、人間を尊ぶ態度で責任ある行動ができる能力を身につけている。 3.助産に必要な知識と態度を修得し、科学的根拠に基づく的確な助産過程を展開できる能力を身につけている。 4.高度化する周産期医療に柔軟に対応し、生涯にわたり学び続けられる能力を身につけている。