トップページ 学校の紹介  

教育方針・沿革

3つのポリシー(看護学科)

1. 人への愛情と生命を大切にできる思いやりを持てる人 2. 豊かな感性を持ち、人とのコミュニケーションのとれる人 3. 誠実で責任感のある行動がとれる人 4. 探究心を持ち、自ら学習し続け、努力できる人 5. 自己の生活を整え、健康管理のできる人
 
 
本校の教育課程は、「博愛」「叡智」「自律」を教育理念とし、基礎分野、専門基礎分野、専門分野の3分野で構成している。
 
【基礎分野】
基礎分野は、専門分野を学ぶための幅広い素養を積む分野として、看護師となる以前に一人の人間としての人間らしさを打ち立てていくために必要な一般教養的内容とする。看護の対象となる人間について理解するための根幹となる部分であり、自己を含めて生活に基盤を置いた社会的存在としての人間を理解するための洞察力、科学的思考力、人間性に根ざした倫理的判断能力を養い、人権意識に裏づけされた感性豊かな人間として成長するために、柔軟に幅広いものの見方や考え方ができるような科目を設定している。
 
【専門基礎分野】
専門基礎分野は、専門分野での看護学の学習を支持する非常に重要な分野として位置づける。複雑な生命活動を営む人間のからだの構造と機能を系統立てて理解し、看護学への応用を前提とし、各授業科目の知識が統合されて人間全体が捉えられ、科学的根拠に基づいた看護を実践するために必要な基礎知識と技術の修得をめざす。さらに、社会でよりよく生活できるための社会保障システムを理解し、他職種との連携・協働ができる基礎的知識を学習する。
 
【専門分野】
専門分野は、看護学としての専門性を高めるために、基礎分野と専門基礎分野の学習を生かし、看護に必要な基礎的な実践能力の育成をねらう分野として位置づけ、看護学そのものを教授する。人間の成長発達段階と健康段階及び場の違いを考慮しつつ、看護実践能力を高める基礎となる知識・技術・態度を養う分野である。そして、看護実践能力の強化を図るための教育内容がより明確なものとなるように整理し、専門分野をさらに「専門分野Ⅰ」「専門分野Ⅱ」「専門分野Ⅲ」「統合分野」に分ける。
(1)専門分野Ⅰ
専門分野Ⅰは、看護実践能力の基盤形成及び強化をめざし、専門分野Ⅱ、専門分野Ⅲ、統合分野に共通する看護の概念や役割、看護実践の基盤となる看護技術の原理・原則及び、看護師として倫理的に判断し行動するための基礎を学ぶ。
(2)専門分野Ⅱ
専門分野Ⅱは、成長発達段階に応じた対象の特性に応じた看護が実践できる基礎的能力の育成をねらう分野とする。それぞれの対象の特性を理解し、健康上の課題を明らかにした上で、健康の保持増進、疾病予防、健康障害時及び健康の回復に向けた看護の方法を学ぶ。
(3)専門分野Ⅲ
  専門分野Ⅲは、臨床と違う環境下にある地域で療養しているあらゆる成長発達段階にある対象とその家族に対し、在宅で提供する看護を学ぶ。
(4)統合分野
  統合分野は、基礎分野・専門基礎分野・専門分野Ⅰ~Ⅲで学習してきた知識・技術・態度を統合し、より臨床環境に近い形で看護を学ぶ。
 
 
岡山医療センター附属岡山看護助産学校で、次の能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、看護師国家試験受験資格及び専門士の称号を授与する。

1.生命と人間存在の尊厳と人権を尊重し擁護できる豊かな人間性
  ・生命と人間存在の尊厳を基盤に、個人の人権を尊重し擁護できる感 
   性豊かな人間性を培っている
  ・専門職業人としての倫理観を養っている
2.人間の総合的理解のうえで科学的根拠に基づく看護実践能力
  ・看護の対象である人間を総合的に理解できる
  ・看護の対象となる人々の状況に応じて、科学的根拠に基づいた安全
   な看護が実践できる基礎的能力を養っている。
3.保健医療チームの一員として他職種と協働し看護の担うべき役割を
   果たすことのできる基礎的能力

  ・人々の健康生活を支える保健医療福祉システムを総合的に理解で
   きる
  ・保健医療チームの一員としての看護の役割を認識し、他職種と協 
   働できる基礎的能力を養っている
4.職業アイデンティティを形成し自分の行う看護に責任を果たす態度
  ・専門職業人としてのアイデンティティを形成し、自分の行う看護
   に責任を果たす態度を身につけている
5.国内外の動向に関心を持ち社会要請に対応できる基礎的能力
  ・国内外における社会の動向に関心を持ち、社会要請に対応できる 
   基礎的能力を養っている
6.自己研鑽と内省的自己の振り返りにより看護を追求する姿勢
  ・専門職業人として学習し続ける姿勢を身につけている
  ・相互関係を通して内省的に自己を振り返りながら、対象に応じた
   看護を追求し続ける姿勢を身につけている