先輩からのメッセージ

「看護の力」「やりがい」を一緒に働く看護師と共有していきたい

6A病棟
緩和ケア認定看護師 
阪倉幸子さん

岡山医療センターには高い専門性を持ち活躍しているリソースナースが多数所属しています。私自身も看護の相談にのってもらう中、多くの影響を受け、緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。現在は、産婦人科・乳腺甲状腺外科の病棟に勤務しています。新しい命の誕生を迎える一方で、「死」を意識しながら闘病されている方がいます。そのような患者・家族に対して、身体のつらさだけではなく、心のつらさに対してもケアが行き届くように活動していきたいと思っています。日々、関わりに悩むこともありますが、心から「ありがとう」と言われるケアが提供できたとき、看護の楽しさ・やりがいを感じることができます。認定看護師として、「看護の力」「やりがい」を一緒に働く看護師と共有していけるように、努めていきたいと思います。

このページのトップへ

自分がスキルアップできる病院

5A(CCU)
6年目看護師
加藤卓也さん

私は今6年目としてCCUに勤務している。一般病棟で4年間勤務をし、循環器、代謝内科の看護をしてきた。その4年間でたくさんのことを学び、リーダーも経験したことで、それなりに自分の中では満足していた。しかし、昨年CCUに異動となった。そこには、今まで見たことのなかったME機器や多くの点滴につながれた重症患者が多数おり、多くの学ぶべきことや自分が知り得なかったことがあることに気付かされた。複雑な病態や刻々と変わる患者の状態をアセスメントしながらの日々は緊張の連続であったが、自分が実践した看護の効果や患者の反応を感じられるようになり、より充実した毎日を送っている。これからもCCU看護師として循環器看護のエキスパートを目指し、現状に満足せず、スキルアップしていきたい。

このページのトップへ
このページの先頭へ