研修について

教育理念と教育方針

教育理念

病院・看護部の理念に基づき、信頼される質の高い看護実践ができる看護専門職を育成します

教育方針

  1. キャリアラダーに基づいた教育を行い、段階的に看護実践能力を育成します
  2. 高い倫理観に基づき、質の高い看護を提供できる看護職員を育成します
  3. 専門職業人として専門的知識・技術を活かし、地域や社会に貢献できる看護職員を育成します
  4. 主体的に学びを深め、自律的にキャリア開発ができる看護職員を育成します

キャリアラダーに基づく看護職員の能力開発

国立病院機構の看護職員能力開発プログラム(ACTyナースVer.2)を基に作成しています。
臨床看護の実践レベルをレベルⅠ~Ⅴに分類し、看護実践に必要な実践能力を段階的に表現し、一人ひとりの経験や成長に合わせてステップアップを支援します。


キャリアラダーの基本構造


新人看護師教育支援体制

当院の看護方式はPNSです。安全で質の高い看護を提供することを目的とし、2人の看護師が良きパートナーとして、対等な立場で、お互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合う看護提供方式です。新人さんはペアの先輩と一緒に行動することで、困ったときはいつでも相談でき、タイムリーな指導・助言を受けることができます。
パートナーシップマインド(自立自助の心・与える心・複眼の心)を大切にしながら、看護を実践しています。

新人看護職員

新人さんは白衣の襟にブルーリボンバッチをつけています。

フレッシュパートナー

新人さんの年間パートナーであり相談役として、精神的支援を行います。職場で働くために必要な基本的知識・技術・態度が習得できるよう関わります。

クリニカルコーチ

各部署でレベルⅡ以下の看護職員(主に新人看護職員)の教育計画(主に看護技術)の企画運営および育成を教育委員と協力して行います。
フレッシュパートナーとともに新人看護職員の精神的支援を行います。
フレッシュパートナーへの助言や新人看護職員への指導・評価を行います。

研修プログラム


このページのトップへ
このページの先頭へ