がん診療への取り組みこのページを印刷する - がん診療への取り組み

「専門的ながん診療を支える総合力」

岡山医療センターの強みは、この一言に尽きます。

がん患者様には、がんを患ってらっしゃるだけではなく循環器疾患や糖尿病など、その他様々な疾患を併せて抱えてらっしゃる方が大変多いことをご存知でしょうか。そうした患者様へのがん診療においては、専門的ながん診療のみならず、様々な疾患を診療できる医療機関としての総合力が求められます。

当院は「地域がん診療連携拠点病院」であるとともに、全26診療科を有する総合病院です。現代の我が国において極めて重要な疾患へ位置づけられているがんに対して、がん専門医が先進的で高度ながん診療・治療に取り組んでいます。それとともに、総合病院の特長を活かし各専門科が多種多様ながんに対して診療・治療を行うのはもちろん、がんの状態に応じて複数の診療科が協力してがん診療・治療を行う体制が整っています。

さらには、がんに関連した身体的苦痛や精神的苦痛などの緩和を担い、がん患者様に対してトータルな診療を提供できるよう努めている「緩和ケアチーム」が各診療科を横断して活動しており、また、一般的ながんに関するご相談につきましては、「がん相談支援センター」を地域医療連携室内に設置し、がん患者様やご家族の方々の不安・お悩みや、提供可能な地域医療連携施設の紹介などに対応しており、がん診療・治療に対する万全の体制が整っています。

地域がん診療連携拠点病院について

「がん診療連携拠点病院」とは、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、地域のがん医療水準の引き上げを行うことを目的とするもので、都道府県知事の推薦に基づき厚生労働大臣により指定されるものです。

当院は、「診療体制」「研修体制」「情報提供体制」の3項目について指定要件が満たされた医療機関として、平成20年2月8日に「地域がん診療連携拠点病院」に認定されました。

これは当院が、常勤のがん専門医による高度ながん診療を恒常的に、一定の品質とともに患者様へ提供できる医療機関であることの証明です。

がん登録(事務)室

はじめに

 厚生労働省による令和2年(2020年)の人口動態統計によると、日本国民の年間死亡数は約137万3000人、死因の第1位は悪性新生物(その大部分は「がん」)37万8000人、第2位は心疾患20万6000人、第3位は老衰13万2000人、第4位は脳血管疾患10万3000人、第5位が肺炎7万8000人でした。悪性新生物の死亡数は昭和56年(1981年)以降ずっと日本人の死因の第1位です。
 悪性新生物の部位別では、男性は悪性新生物による死亡22万1000人のうち、肺がんが最も多く、次いで胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がんと続き、女性はがんによる死亡15万7000人のうち大腸がんが最も多く、次いで肺がん、膵臓がん、乳がん、胃がんでした。男女を合わせると、肺がんが最も多く、次いで大腸がん、胃がん、膵臓がん、肝臓がんの順でした。
 高齢化により、悪性新生物で亡くなる方が増加しており、男性では26.7%(約4人に1人)が、女性では17.9%(約6人に1人)が悪性新生物で亡くなると推計されています。診断学の進歩によって早期発見できれば完治する可能性の高い悪性新生物も増えてきていますので、定期的ながん検診を受けることが肝要です。仮に進行した状態で見つかっても、分子標的治療薬の開発等により予後の改善効果が認められる腫瘍も増加していますので、悪性新生物がすぐさま死に直結しているとは思わない方が良い時代を迎えているといってもよいでしょう。しかしながら、依然として悪性新生物は国民の生命にとって重大な問題であることに変わりはありません。

日本人の死因別にみた死亡率の年次推移(人口10万対)

男女別、部位別の悪性新生物死亡率ランキング(2020年)

「がん対策基本法」と「がん対策推進基本計画」

 わが国のがん対策は、平成19年(2007年)に施行された「がん対策基本法」に基づき、政府が策定した「がん対策推進基本計画」にのっとり推進されてきました。「がん対策推進基本計画」でうたわれている「がん医療の均てん化」を目指すための医療機関の整備の一環として、厚生労働省は全国にがん診療連携拠点病院を408箇所(都道府県がん診療連携拠点病院51箇所、地域がん診療連携拠点病院(高度型)55箇所、地域がん診療連携拠点病院293箇所、地域がん診療連携拠点病院(特例型)6箇所、特定領域がん診療連携拠点病院1箇所、国立がん研究センター2箇所)、地域がん診療病院を45箇所指定しました(令和4年4月1日現在)。
 岡山医療センターは平成20年(2008年)からこの『地域がん診療連携拠点病院』に指定されています。
『地域がん診療連携拠点病院』には以下の役割があります。

  • 専門的ながん医療の推進
  • 地域におけるがん診療連携協力
  • がん患者さんに対する相談支援及び情報提供
  • 院内がん登録
 

がん登録

 「がん対策基本法」に基づいた「がん対策推進基本計画」の中で、がん登録の推進が揚げられています。それに基づき、岡山医療センターでは平成20年(2008年)にがん登録(事務)室を設置し、院内がん登録を開始しました。院内がん登録は診療録などからその患者さんのがんについての情報を調べ、病理検査の結果はどうだったのか、いつ診断されて、がんの進行具合はどのくらいで、どんな治療を行なったのかなどを診療科を問わず、病院全体で集めて記録します。岡山医療センターでは、診療に携わった医師の協力のもと、国立がん研究センターがん対策情報センターで研修した専任の診療情報管理士2名が登録から予後調査まで行なっています。氏名・生年月日・住所という基本情報に加えて、がんという重大な疾患の情報を扱っていますので個人情報については情報流出が起きぬように厳重な管理を行っています。院内がん登録の情報は、匿名化し個人を特定できない方法により地方公共団体、国立がんセンター等の公的な他施設に提供され、がん罹患率の推定、がん検診の評価、がん医療の評価等に利用されます。院内がん登録の情報はわが国の現在・未来のがん患者さんにとって計り知れない貴重な財産となります。院内がん登録のデータは、1年に1回、国立がんセンターへの提出が義務づけられており、岡山医療センターでは2008年からデータの提出を行っています。

 

院内がん登録データの集計(2012年~2017年)

いわゆる5大がん(肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん)を中心として統計解析を行なった結果を提示します。

 

登録件数(有効データ件数)

 がん登録室では発足以来、毎年1000例以上のがん患者さんの医療情報を登録しています。

 

悪性新生物トップ10

 がんの部位別に登録症例数をみると、岡山医療センターでは肺がん、胃がん、大腸がん、前立腺がん、悪性リンパ腫が多くを占めています。ただ、これらの部位の割合は必ずしも岡山県内のがん患者さんの割合を反映しているものではないことに注意が必要です。

 

年齢分布

全がんの年齢分布
(年齢中央値72歳、年齢の平均値±標準偏差 70.1±13.5)

胃がんの年齢分布
(年齢中央値74歳、年齢の平均値±標準偏差 73.6±9.9)

大腸がんの年齢分布
(年齢中央値72歳、年齢の平均値±標準偏差 71.3±11.7)

肺がんの年齢分布
(年齢中央値72歳、年齢の平均値±標準偏差 72.0±9.6)

肝臓がんの年齢分布
(年齢中央値75歳、年齢の平均値±標準偏差 74.5±9.6)

乳がんの年齢分布
(年齢中央値67歳、年齢の平均値±標準偏差 65.8±14.2)

前立腺がんの年齢分布
(年齢中央値72.5歳、年齢の平均値±標準偏差 72.0±8.2)

膀胱がんの年齢分布
(年齢中央値75歳、年齢の平均値±標準偏差 73.9±10.9)

食道がんの年齢分布
(年齢中央値70歳、年齢の平均値±標準偏差70.1±10.3)

膵臓がんの年齢分布
(年齢中央値72歳、年齢の平均値±標準偏差 71.5±11.2)

悪性リンパ腫の年齢分布
(年齢中央値71歳、年齢の平均値±標準偏差 68.9±14.4)

 

男女別年齢分布

全がんの男女別年齢分布

胃がんの男女別年齢分布

大腸がんの男女別年齢分布

肺がんの男女別年齢分布

肝がんの男女別年齢分布

乳がんの男女別年齢分布

膀胱がんの男女別年齢分布

食道がんの男女別年齢分布

膵臓がんの男女別年齢分布

悪性リンパ腫の男女別年齢分布

 

病期分類(ステージ分類)

 (1)UICC(国際対がん連合)のTNM分類による病期分類(ステージ分類)
腫瘍の大きさ(T)、リンパ節転移の拡がり(N)、遠隔転移の有無(M)の3者の組み合わせによりがんの進行度を決定します。0期~IV期に分類され、数字が大きいほどがんが進行していることを示します。UICCによる病期分類には、治療開始前の診断時にがんの進行具合を分類する臨床病期と、手術でがんがどこまで進んでいたかを摘出臓器やリンパ節転移の拡がりを確認して分類する病理病期があります。病理病期は手術で摘出した臓器やリンパ節転移を調べて決定するので、病期の進行具合がより的確に把握できます。
2011年まではUICCのTNM分類第6版を用いて登録していましたが、2012年から2017年まではTNM分類第7版を用いています。

 (2)各種「がん取扱い規約」による病期分類(ステージ分類)
各学会は「がん取扱い規約」によりがんの進行度を定めています。日本独特のものであり、多くの臨床医はこちらを用いています。地域がん診療連携拠点病院でも肝がんに関してはUICCのTNM分類とともにこのがん取扱い規約による病期分類も用いています。

 以下に示す臨床病期は、明示していないものはすべてUICCのTNM分類第7版によるものです。

胃がんの臨床病期

大腸がんの臨床病期

肺がんの臨床病期

肝臓がんの臨床病期(UICC分類)

肝臓がんの臨床病期(取扱い規約)

乳がんの臨床病期

前立腺がんの臨床病期

膀胱がんの臨床病期

食道がんの臨床病期

膵臓がんの臨床病期

悪性リンパ腫の臨床病期

 

生存率曲線(カプラン・マイヤー法)

胃がんの生存率曲線(2008-2017年)

 

胃がんの病期別生存率曲線

 

大腸がんの生存率曲線(2008-2017年)

 

大腸がんの病期別生存率曲線

 

肺がんの生存率曲線(2008-2017年)

 

肺がんの組織型別生存率曲線

 

肺がんの病期別生存率曲線

 

乳がんの生存率曲線(2008-2017年)

 

乳がんの病期別生存率曲線

 

肝がんの生存率曲線(2008-2017年)

 

肝がんの病期別生存率曲線

 

5大がんの生存率曲線

 

発見経緯

 

部位別発見経緯の割合

二次保健医療圏別登録割合と市区町村別登録件数

 

おわりに

 がん登録から得られる情報は、がん診療、がん研究、そしてがん対策を効果的に行なう上で欠かせないものです。岡山医療センターでは、今後、さらに精度の高い院内がん登録を徹底して実施し、患者さんの個人情報が守られる範囲でさまざまな統計結果を順次このホームページ上に公開していく予定です。がん診療に関する情報を積極的に公開していくことで、岡山医療センターが皆様にさらに安心して受診していただける病院になるものと考えています。そのため今後とも皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

お問合せ先

不明な点がありましたら、がん登録室までお問い合わせください。
Tel (086) 294-9911(病院代表) 内線 4312