トップページ診察部門の紹介  

看護部

看護部長挨拶

看護部長写真

岡山医療センターは、地域医療を支える「地域医療支援病院」であり、高度な急性期医療と質の高い看護を提供する「基幹病院」です。病める人への献身、医の倫理に基づく医療への精進と貢献が当院の使命です。私たち看護職は、医療チームの一員として、患者さんとご家族が目指すゴールを共有し、最善の医療の提供に力を注いでおります。

看護部には約700名の看護師・助産師が在職し、「地域から信頼され求められる医療の提供」の実現のために、一人ひとりが看護部の理念である「温かい手・やさしいまなざしで患者さんと共に歩む知的な看護を目指します」の実現にむけチャレンジし続けています。

入院期間が短くなる中で、入院前から治療に向けて、身体的・精神的準備を行い、安心して入院生活が始められる支援をしています。その時々で考えられる最善のケアを提供し、患者さんの持てる力を引き出すことで早期回復、早期退院が実現し、その人らしく生活できるための退院準備に繋いでいます。

この入院から退院までの過程には、専門性の高い能力をもつ専門・認定看護師や高度な看護技術を実践する診療看護師や特定行為看護師が介入しています。

それぞれの立場でプロフェショナルとして活躍するために、看護職の人材育成に力を入れ、病院内及び地域の医療機関のニーズにもお応えしています。

地域の皆様の健康に寄与する病院、もう一度入院することがあるなら岡山医療センターと言っていただける病院づくりに、看護部一同努力し、チャレンジし続けています。


私たちと一緒に看護の醍醐味を味わってみませんか!


看護専門職としてともに学び仲間とともに成長したい方をお待ちしております。