トップページ診察部門の紹介看護部  

地域医療連携室

岡山医療センターの地域医療連携室では看護師も活躍しています。

患者様が入院されるまでの期間に重点的に関る「病床管理」と、退院される時、転院や施設入所される時などに関る「退院調整専任看護師」等・・。 地域医療連携室の中で前方連携と後方連携を一貫して機能させることで、情報の共有ができ、退院調整がスムーズにすすみやすいのです。また、前方連携の病床管理と後方連携の退院調整を「看護」が担うことで、看護の視点で患者の全体像を捉えやすいなどの特徴を生かして、地域医療連携室で活動しています。

退院調整専任看護師は、医療ソーシャルワーカーと協働して患者様やご家族の方が安心できるように病棟スタッフ、医師、コメディカル、地域と連携をとって活動しています。特に医療依存度が高く、医療処置を必要とされる患者様の場合、退院調整専任看護師が活躍します。

人工肛門・胃ろう・在宅IVH・気管切開などの医療処置が在宅でも継続して必要な患者さん・寝たきりで要介護度が高い患者さん・一人暮らしの高齢な患者さんなどが安心してご自宅に帰れるように、精一杯援助させて頂いています。
看護の専門性感性が必要。
大変だけど、患者様の笑顔や感謝で励まされ・・
病棟看護師や医師、地域の専門職種や関連する方々との連携・調整。