トップページ診察部門の紹介看護部  

5B病棟 新生児センター(NICU・GCU)


5B病棟は赤ちゃんの集中治療を24時間体制で行っている病棟です。
当院でのハイリスク分娩の立会いや、他院からの依頼があれば、ドクターカーでの新生児搬送も含めた患者の受け入れも行っています。
医師・看護師・助産師・臨床心理士・薬剤師・臨床工学士など他職種と協働し赤ちゃんを支援しています。


新生児集中治療室とは 
早産や低体重で生まれた赤ちゃんや、出生後に何らかの治療を必要とする赤ちゃんのための施設です。
より集中的な治療・看護を行うNICUと、比較的安定した状態の赤ちゃんのための治療・看護を行うGCUに分かれています。

子宮内と同じようなポジションで過ごします
NICU GCU きょうだい面会

病棟の方針
温かい手、やさしいまなざしで
赤ちゃんと家族にやさしい医療と看護を実践します



私たちの取り組み
・入院している赤ちゃんの治療に伴う苦痛や不快感、ストレスを最小限に抑え、胎内にできるだけ近い環境を整え、赤ちゃんの反応を見ながら成長・発達を見守り促進するためのケアを心がけています。
・ハイリスク妊婦さんへ、産科医師・新生児科医師、臨床心理士、助産師、看護師それぞれの立場のスタッフが同席し産前訪問を行います。
・母乳育児を推奨しています。母乳育児が行えるように授乳支援、授乳支援を行っています。 
直接授乳は24時間いつでも可能です。
・赤ちゃんのご家族がいつでも赤ちゃんと一緒に過ごせるよう、24時間面会・祖父母面会・同胞面会を行っています。
・病棟を退院された、または入院中のお子様のご家族が、育児や家事、趣味など自由に話せる集まり”おひさまサークル”を行っています。