トップページ診療・部門の紹介診療科  

内科(血液)

スタッフの紹介

診療科紹介

【診療内容】

当科は常時50床前後を有し(内、無菌治療室22床)、中国・四国地域でもトップクラスの規模を誇っております。国立病院機構・中国地区血液疾患基幹病院として患者様は岡山県全域からは勿論のこと香川県・広島県・兵庫県などからも広くご紹介頂いており、院内他科医師および他職種(看護師、薬剤師、臨床検査技師など)と密接な連携を取りながらチーム医療を実践しております。

1.造血器腫瘍

a.白血病

急性白血病に対しては化学療法、分子標的治療から造血幹細胞移植に至るまで最新の知見に基づいた治療を行っております。慢性骨髄性白血病はチロシンキナーゼ阻害薬(イマチニブ、ニロチ二ブ、ダサチ二ブ、ボスチ二ブ、ポナチ二ブ)による外来治療を行っております。慢性リンパ性白血病に対しては、標準的化学療法のほか、抗体医薬(リツキシマブ、オファツムマブ、アレムツズマブ)、分子標的薬(イブルチ二ブ、ベネトクラックス)の導入も行っております。

b.悪性リンパ腫

造血器腫瘍の中で一番多い疾患です。化学療法、抗体医薬、分子標的薬および造血幹細胞移植を組み合わせた標準的治療を基本として、個々の病状に応じて最良と考えられる治療の提供を心掛けています。また、濾胞性リンパ腫にはオビヌツズマブ、マントル細胞リンパ腫に対して、ボルテゾミブ、イブルチ二ブ、末梢性T細胞リンパ腫にはブレンツキシマブ・べドチン、フォロデシン、プララトレキセート、ロミデプシンなどの導入も行っております。

c.多発性骨髄腫

化学療法、分子標的治療(ボルテゾミブ、カルフィルゾミブ、イキサゾミブ、レナリドミド、サリドマイド、ポマリドミド、パノビノスタット)、抗体医薬(エロツズマブ、ダラツムマブ)および造血幹細胞移植まで積極的な治療を行っております。多発性骨髄腫の診療に関しては、昭和50年代から力を入れており、日本でも有数の専門施設と認められております。

2. その他

再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病などの血液疾患やHIV診療も行っております。骨髄異形成症候群に関しては、脱メチル化剤といわれるアザシチジン、-5q症候群に対するレナリドミドという薬剤も、当科でも積極的に使用しております。

3. 造血幹細胞移植

当院は骨髄バンクおよび臍帯血バンク認定施設であり、成人の造血幹細胞移植においては岡山県で一番早く導入した実績があります(平成3年に導入)。特に多発性骨髄腫における造血幹細胞移植に関しては開始時期および症例数ともに日本の先駆的な立場にあります。

4. 臨床研究

日本成人白血病研究グループ(JALSG)、日本細胞移植研究会(JSCT)、西日本血液臨床研究グループ(W-JHS)および国立病院機構ネットワーク共同研究血液グループ(NHOH)などの多施設共同研究に積極的に参加しております。

5. 治験

当院では新薬の開発にも力を入れており、第一相試験から第三相試験まで幅広く行っています。特に海外の施設との共同試験が中心であり、ドラックラグをなくすために日々努力しております。対象疾患は多発性骨髄腫が中心ですが、最近では白血病および悪性リンパ腫も行っております。

 

【診療体制】

現在、常勤医師4名、専修医・初期研修医3~5名にて、入院では複数担当医制で診療を行っています。日本血液学会専門医・指導医が2名、専門医が2名にて高度で専門的な医療を提供させていただいております。

【2016年度~2018年度までの診療実績】

1. 入院患者
新入院数
一日平均入院患者数
平均在院日数(日)
2016年度
761
43.7
20.9
2017年度
784
48.2
22.2
2018年度
867
55.5
23.4

2. 延べ入院患者数(主要疾患別)
2016年度
2017年度
2018年度
急性骨髄性白血病
65
74
88
急性リンパ性白血病
11
17
18
慢性骨髄性白血病
8
1
2
慢性リンパ性白血病
6
2
1
悪性リンパ腫
337
324
302
多発性骨髄腫
142
183
212
骨髄異形成症候群
17
67
122
再生不良性貧血
8
4
6
特発性血小板減少性紫斑病
11
8
17
その他
178
133
110

3.新規患者数(主要疾患別)
2016年度
2017年度
2018年度
急性骨髄性白血病
8
23
15
急性リンパ性白血病
0
1
1
慢性骨髄性白血病
10
8
3
慢性リンパ性白血病
1
1
3
悪性リンパ腫
69
55
75
多発性骨髄腫
22
22
27
骨髄異形成症候群
30
18
23
再生不良性貧血
6
4
6
特発性血小板減少性紫斑病
14
12
11

4.造血幹細胞移植数
a.移植ソース別(2016年度~2018年度)
2016年度
2017年度
2018年度
血縁間同種骨髄移植
0
0
0
非血縁者同種骨髄移植
4
6
0
血縁間同種末梢血幹細胞移植
1
1
0
自家末梢血幹細胞移植
9
12
3
臍帯血移植
2
2
0

b.主要疾患別(2016年度~2018年度)
2016年度
2017年度
2018年度
急性骨髄性白血病
2
6
0
急性リンパ性白血病
0
2
0
慢性骨髄性白血病
0
0
0
悪性リンパ腫
4
6
0
多発性骨髄腫
7
6
3
骨髄異形成症候群
1
0
0
再生不良性貧血
2
0
0
その他
0
1
0


【業績(2016年度-2018年度)】

1.英語論文

1) Murayama T, Fukuda T, Okumura H, Sunami K, Sawazaki A, Maeda Y, Tsurumi H, Uike N, Hidaka T, Takatsuka Y, Eto T, Tsuda H, Fujisaki T, Miyamoto T, Tsuneyoshi N, Iyama S, Nagafuji K, Harada M. Efficacy of upfront high-dose chemotherapy plus rituximab followed by autologous peripheral blood stem cell transplantation for untreated high-intermediate-, and high-risk diffuse large B-cell lymphoma: a multicenter prospective phase II study (JSCT-NHL04). Int J Hematol. 2016; 103:676-685. 2) Ozaki S, Hata H, Abe M, Saitoh T, Hanamura I, Yano H, Sunami K, Kosugi H, Sawamura M, Nakazato T, Masunari T, Mori M, Takagi T, Murakami H, Shimizu K. Reduced frequency treatment with bortezomib plus dexamethasone for elderly patients with relapsed and/or refractory multiple myeloma: a phase 2 study of the Japanese Myeloma Study Group (JMSG-0902). Ann Hematol. 2016; 95: 921-929. 3) Kawamura K, Ikeda T, Hagiwara S, Mori T, Shinagawa A, Nishiwaki K, Ohashi K, Kubonishi S, Fukuda T, Ito T, Tomita N, Ichinohe T, Kato K, Morishima Y, Atsuta Y, Sunami K, Kanda Y. Tandem autologous versus autologous/allogeneic transplantation for multiple myeloma: propensity score analysis. Leuk Lymphoma. 2016; 57:2077-2083. 4) Suzuki K, Ri M, Chou T, Sugiura I, Takezako N, Sunami K, Ishida T, Izumi T, Ozaki S, Shumiya Y, Ota K, Iida S. Carfilzomib, lenalidomide, and dexamethasone in patients with heavily-pretreated multiple myeloma: A phase 1 study in Japan. Cancer Sci. 2017 Jan 16. doi: 10.1111/cas.13166. [Epub ahead of print] 5) Maeda Y, Nishimori H, Yoshida I, Hiramatsu Y, Uno M, Masaki Y, Sunami K, Masunari T, Nawa Y, Yamane H, Gomyo H, Takahashi T, Yano T, Matsuo K, Ohshima K, Nakamura S, Yoshino T, Tanimoto M. 2. Dose-adjusted EPOCH chemotherapy for untreated peripheral T-cell lymphomas: a multicenter phase II trial of West-JHOG PTCL0707. Haematologica. 2017; 102 :2097-2103. 6) Tomita N, Yokoyama M, Yamamoto W, Watanabe R, Shimazu Y, Masaki Y, Tsunoda S, Hashimoto C, Murayama K, Yano T, Okamoto R, Kikuchi A, Tamura K, Sato K, Sunami K, Shibayama H, Takimoto R, Ohshima R, Takahashi H, Moriuchi Y, Kinoshita T, Yamamoto M, Numata A, Nakajima H, Miura I, Takeuchi K. 3. The standard international prognostic index for predicting the risk of CNS involvement in DLBCL without specific prophylaxis. Leuk Lymphoma. 2018; 59: 97-104. 7) Ri M, Matsue K, Sunami K, Shimazaki C, Hayashi A, Sunaga Y, Sasaki T, Suzuki K. 4. Efficacy and safety of plerixafor for the mobilization/collection of peripheral hematopoietic stem cells for autologous transplantation in Japanese patients with multiple myeloma. Int J Hematol. 2017; 106: 562-572. 8) Nagai H, Shimomura T, Takeuchi M, Hanada S, Komeno T, Sunami K, Hidaka M, Yano T, Kitano K, Yoshida I, Inoue N, Saito A, Horibe K, Motitani S, Ichihara S, Watanabe T, Sawamura M. 5. Phase II study of intensified rituximab induction and maintenance for low grade B cell lymphoma. Leuk Lymphoma. 2017 ; 58: 2845-2851. 9) Miura K, Konishi J, Miyake T, Makita M, Hojo A, Masaki Y, Uno M, Ozaki J, Yoshida C, Niiya D, Kitazume K, Maeda Y, Takizawa J, Sakai R, Yano T, Yamamoto K, Sunami K, Hiramatsu Y, Aoyama K, Tsujimura H, Murakami J, Hatta Y, Kanno M. 6. A Host-Dependent Prognostic Model for Elderly Patients with Diffuse Large B-Cell Lymphoma. Oncologist. 2017; 22: 554-560. 10) Muta T, Miyamoto T, Kamimura T, Kanda Y, Nohgawa M, Ueda Y, Iwato K, Sasaki O, Mori T, Uchida N, Iida S, Fukuda T, Atsuta Y, Sunami K.. Significance of Salvage Autologous Stem Cell Transplantation for Relapsed Multiple Myeloma: A Nationwide Retrospective Study in Japan. Acta Haematol. 2018; 139: 35-44. 11) Kasamatsu, T; Ozaki, S; Saitoh, T; Konishi, J; Sunami, K; Itagaki, M; Asaoku, H; Cho, T; Handa, H; Hagiwara, S; Wakayama, T; Negoro, A; Takezako, N; Harada, N; Kuroda, Y; Nakaseko, C; Miyake, T; Inoue, N; Hata, H; Shimazaki, C; Ohno, T; Kuroda, J; Murayama, T; Kobayashi, T; Abe, M; Ishida, T; Nagura, E; Shimizu, K.Unsuppressed serum albumin levels may jeopardize the clinical relevance of the international staging system to patients with light chain myeloma.HEMATOLOGICAL ONCOLOGY.2018.36;792-800 12) Suzuki, Y; Yano, T; Suehiro, Y; Iwasaki, H; Hidaka, M; Otsuka, M; Sunami, K; Inoue, N; Sawamura, M; Ito, T; Iida, H; Nagai, H.Clinical characteristics and outcomes of diffuse large B-cell lymphoma in adolescents and young adults.INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY.2018.108;161-166 13) Muta, T; Miyamoto, T; Kamimura, T; Kanda, Y; Nohgawa, M; Ueda, Y; Iwato, K; Sasaki, O; Mori, T; Uchida, N; Iida, S; Fukuda, T; Atsuta, Y; Sunami, K, Significance of Salvage Autologous Stem Cell Transplantation for Relapsed Multiple Myeloma: A Nationwide Retrospective Study in Japan.ACTA HAEMATOLOGICA.2018.139;35-44 14) Abe, Yoshiaki; Sunami, Kazutaka; Yamashita, Takeshi; Ueda, Mikio; Takamatsu, Hiroyuki; Narita, Kentaro; Kobayashi, Hiroki; Kitadate, Akihiro; Takeuchi, Masami; Matsue, Kosei.Improved survival outcomes and relative youthfulness of multiple myeloma patients with t(4;14) receiving novel agents are associated with poorer performance of the revised international staging system in a real aging society..Oncotarget.2019.;595-605

2.邦文論文

1) 角南一貴. 未治療移植適応多発性骨髄腫における治療戦略. 臨床血液、2016; 57: 2064-2073 2) 角南一貴. 再発・難治性骨髄腫の治療. 多発性骨髄腫学、2016; 74: 407-415 3) 多発性骨髄腫の診療指針 第4版. 東京: 文光堂; 2016 4) EBM 血液疾患の治療 2017-2018. 東京: 中外医学社; 2016 5) 近藤 匠、角南一貴. 再発・難治性多発性骨髄腫に対する治療の現状と展望. 血液内科、2016; 74: 177-185 6) 角南一貴.多発性骨髄腫治療の最前線2017.新規の再発・難治性多発性骨髄腫治療薬 Daratumumabの臨床.血液フロンティア 2017;27:1259-1265. 7) 石川立則、角南一貴.白血病・リンパ腫・骨髄腫 新時代の造血器腫瘍診療.治療 造血器腫瘍の最新治療戦略 多発性骨髄腫に対するこれからの治療戦略.Medical Practice 2017; 34: 1711-1716. 8) 青山一利、角南一貴.慢性疾患となった骨髄腫-どのように診断するか?どのように付き合っていくか?.標準的な治療法とエビデンス 自家造血幹細胞移植適応患者の初期治療 2剤?3剤?4剤? 内科 2017; 20: 901-904. 9) 角南一貴.Chapter 2 各種治療薬の使い方・考え方 2. カルフィルゾミブ. 多発性骨髄腫 新規薬剤の使い方・考え方. 東京: 先端医学社; 2017. 10) 角南一貴. 多発性骨髄腫,今日の治療指針 11) 角南一貴. キャッスルマン病,EBM血液疾患の治療 2019-2020

3.学会、研究会

1) IgG4関連疾患に合併した涙嚢原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
福見拓也
第114回日本内科学会中国地方会,2016年5月7日
2) 初発症候性多発性骨髄腫の治療成績
松田真幸
第41回日本骨髄腫学会学術集会,2016年5月29日
3) 未治療移植適応多発性骨髄腫における治療戦略
角南一貴
第78回日本血液学会学術集会,2016年10月12日
4) Influence of the soluble interleukin-2 receptor on the prognosis of diffuse large B-cell lymphoma
角南一貴
第78回日本血液学会学術集会,2016年10月12日
5) Elotuzumab with lenalidomide/dexsmethasone for multiple myeloma:ELOQUENT-2 Japanese subanalysis
角南一貴
第78回日本血液学会学術集会,2016年10月14日
6) びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫完全寛解後に赤芽球癆を経て自己免疫性溶血性貧血を発症した1例
兼澤弥咲
第115回日本内科学会中国地方会,2016年11月26日
7) 再発難治性慢性リンパ性白血病(CLL/SLL)に対してIbrutinibが奏効した1例
寒竹倫子
第115回日本内科学会中国地方会,2016年11月26日
8) 204.ポマリドミド抵抗性膵浸潤髄外腫瘤を超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)で診断し、VTD-PACE療法が奏功した多発性骨髄腫
三道幹大
第115回日本内科学会中国地方会,2016年11月26日
9) 未治療症候性多発性骨髄腫に対する新規薬剤を用いた寛解導入療法、自家末梢血幹細胞移植、地固め維持療法の有効性と安全性を確認する第Ⅱ相臨床研究(JSCT-MM12) : 最終解析
角南一貴
第39回日本造血細胞移植学会総会,2017年3月3日
10) 髄膜浸潤を伴った難治性形質細胞白血病に対し、 pomalidomide が奏功した 1 例
松田真幸
第56回日本血液学会中国四国地方会,2017年3月11日
11) ポマリドミド抵抗性膵浸潤髄外腫瘤を超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)で診断し、VTD-PACE療法が奏功した多発性骨髄腫
三道幹大,青山一利,松田真幸,若槻俊之,秋元悠,田中健大,高須賀裕樹,福見拓也,近藤匠,石川立則,西之原正昭,牧田雅典,角南一貴
第42回日本骨髄腫学会学術集会,2017年5月28日,東京
12) 肺炎球菌ワクチン接種後に急性胸膜炎・腎障害を発症した1例
髙須賀 裕樹
第116回日本内科学会中国地方会,2017年6月3日,山口
13) 髄膜浸潤を伴った難治性形質細胞白血病に対し、pomalidomideが奏功した1例
福見拓也,松田真幸,高須賀裕樹,近藤匠,石川立則,西之原正昭,青山一利,牧田雅典,角南一貴
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会,2017年7月27日,兵庫
14) 再発または難治性の多発性骨髄腫に対するPomalidomide+low dose Dexamethasone療法の後方観的検討
福見拓也
第79回日本血液学会学術集会,2017年10月21日,東京
15) A retrospective analysis of GCD therapy for relapsed or refractory DLBCL, single center experience
青山一利
第79回日本血液学会学術集会,2017年10月21日,東京
16) 多発性骨髄腫に対する自家末梢血幹細胞採取の検討
角南一貴,淵田真一,松本守生,長藤宏司,宮本敏浩,大本英次郎,高松博幸,村山徹,藤島直仁,上村智彦,湯尻俊昭,木口亨,村田了一,足立陽子,赤司浩一,原田実根
第40回日本造血細胞移植学会総会,2018年2月3日,北海道
17) メソトレキセート関連リンパ増殖性疾患として、末梢血中に形質細胞増多を伴う血管免疫芽球性T細胞リンパ腫を発症した一症例
村上裕之,牧田雅典,高須賀裕樹,福見拓也,石川立則,吉岡尚徳,角南一貴
第57回日本血液学会中国四国地方会,2018年3月3日,島根
18) 当施設におけるAzacitidine療法の後方視的解析
高須賀裕樹,村上裕之,福見拓也,石川立則,吉岡尚徳,牧田雅典,角南一貴
第57回日本血液学会中国四国地方会,2018年3月3日,島根
19) 移植適応骨髄腫の治療-日本における現状および今後の課題-
角南一貴
第43回 日本骨髄腫学会学術集会,2018年5月13日,千葉
20) 当院における低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リンパ腫に対するBendamustineの使用経験
村上裕之
第80回 日本血液学会学術集会,2018年10月13日,大阪
21) 再発・難治性多発性骨髄腫に対するPanabinostat+Bortezomib+Dexamethasone(PBD)療法の後方視的検討
福見拓也
第80回日本血液学会学術集会,2018年10月14日,大阪
22) 中枢神経浸潤を伴う眼内リンパ腫に対してリツキサン併用MPV療法が奏効し長期寛解を維持している症例
鳥越大史,牧田雅典,守山喬史,村上裕之,福見拓也,石川立則,吉岡尚徳,角南一貴
第119回 日本内科学会中国地方会,2018年11月17日,広島

4.講演

1) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療・Discussion
角南一貴
Joto Myeloma Strategy Meeting ~新薬登場で薬物治療はどう変わる?~,2017年4月18日,東京都
2) エムプリシティ自験例について
青山一利
岡山MMセミナー,2017年5月17日,岡山市
3) 「Continuous therapy」に関するエビデンス
角南一貴
第42回 日本骨髄腫学会学術集会,2017年5月27日,東京都
4) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
多発性骨髄腫Expert Meeting,2017年5月31日,姫路市
5) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
骨髄腫エキスパートミーティング,2017年6月9日,東京都
6) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
南大阪Multiple Myelomaセミナー,2017年6月16日,堺市
7) 再発難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
倉敷Hematology Forum 2017,2017年7月25日,倉敷市
8) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィゾミブ治療
角南一貴
Treatment Advances in Miltiple Myeloma,2017年9月1日,京都市
9) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南一貴
第6回新潟骨髄腫フォーラム,2017年9月15日,新潟市
10) 再発性難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
TOKUSIMA Hematology Forum,2017年9月22日,徳島市
11) 再発・難治性多発性骨髄腫に対するPomalidomide/low dose Dexamethasone 併用療法の実際
角南一貴
Multiple Myeloma Web Seminar,2017年9月28日,岡山市
12) 再発性難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミフ治療
角南一貴
多発性骨髄腫実践セミナー,2017年9月29日,大阪市
13) 当院におけるイキサゾミブの使用経験
吉岡尚徳
Okayama Multiple Myeloma Conference -ニンラーロカプセル新発売記念講演会-,2017年10月27日,岡山市
14) 継続治療を基本としたMM治療戦略-Plateauを念頭においたアプローチ-
角南一貴
ニンラーロ全国WEB講演会,2017年11月1日,大阪市
15) 新規薬剤を用いた多発骨髄腫の治療経験
石川立則
第3回中国四国骨髄腫カンファレンス,2017年11月11日,高松市
16) 新規薬剤を用いた多発骨髄腫の治療経験
吉岡尚徳
第3回中国四国骨髄腫カンファレンス,2017年11月11日,高松市
17) 当院におけるMDS治療の成績
高須賀裕樹
第6回 Okayama MDS Seminar,2017年11月16日,岡山市
18) 当院における低悪性度B細胞性非ホジキンリパ腫に対するベンダムスチンの使用経験
村上裕之
悪性リンパ種講演会,2017年11月17日,岡山市
19) 再発難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
第8回Okayama IMDs Conference,2017年11月24日,岡山市
20) 再発・難治性多発性骨髄腫に対するポマリドミド治療
角南一貴
Pomalyst Expert Seminar,2017年12月14日,岡山市
21) Daratumumabの適正使用とRelapsed/Refractory Multiple Mylomaにおける最適な治療レジメンの検討
石川立則
Meet the Expert in Kobe ~Dr.Mateosをお招きして~,2018年1月28日,神戸市
22) 再発難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
岡山県病院薬剤師会学術講演会,2018年2月9日,岡山市
23) 慢性骨髄性白血病の病態と治療について
角南一貴
Novartis Hematology Seminar,2018年2月15日,岡山市
24) Ph+ALLに対するポナチニブの有用性の検討 当院での経験を踏まえて
福見拓也
ポナチニブ発売1周年記念講演会in岡山,2018年2月16日,岡山市
25) 骨髄腫骨病変に対する治療について
角南一貴
Bone Management Forum gor Multiple Myeloma,2018年3月16日,岡山市
26) 再生不良性貧血にエルトロンボパグを使用した症例報告
石川 立則
第2回OKAYAMA Hematology Seminar,2018年4月5日,岡山市
27) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
Meet the Myeloma Expert in Sapporo~ダラザレックスの投与の実際~,2018年4月27日,北海道
28) 骨髄腫患者の感染症対策
角南 一貴
第43回日本骨髄腫学会学術集会,2018年5月12日,千葉県
29) 多発性骨髄腫において長期生存を達成するための免疫戦略
角南 一貴
Multiple Myeloma Expert Seminar 2018,2018年5月26日,東京都
30) 多発性骨髄腫の治療-今後の展望-
角南 一貴
ニンラーロ発売1周年記念講演会in Okayama,2018年6月1日,岡山市
31) 当院におけるイキサゾミブの使用経験
吉岡 尚徳
ニンラーロ発売1周年記念講演会in Okayama,2018年6月1日,岡山市
32) 再発MM治療関連
石川 立則
Multiple Myeloma Conference in Okayama,2018年6月15日,岡山市
33) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
MM Seminar 2018,2018年6月22日,埼玉県
34) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療
角南 一貴
Multiple Myeloma WEB Seminar,2018年7月3日,岡山市
35) MM治療を考える;Up date
角南 一貴
西日本エリアニンラーロ1周年講演会,2018年7月7日,大阪府
36) 再発難治性多発性骨髄腫の治療について
角南 一貴
KURASHIKI HEMATOLOGY FORUM 2018,2018年7月24日,倉敷市
37) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
ニンラーロWeb講演会,2018年7月27日,愛媛県
38) 再発難治性多発性骨髄腫に対するイキサゾミブの有用性
角南 一貴
ニンラーロ発売1周年記念講演会Myeloma Symposium in Himeji,2018年8月23日,兵庫県
39) エムプリシティの臨床経験とQOL評価
角南 一貴
BMS HEMATOLOGY SYMPOSIUM,2018年8月25日,大阪府
40) 菌状息肉症に対する同種造血幹細胞移植後に発症した難治性出血性膀胱炎
角南 一貴
血液感染症フォーラム in Okayama 2018,2018年8月31日,岡山市
41) 移植適応多発性骨髄腫の治療を考える
角南 一貴
西日本エリアニンラーロ1周年講演会,2018年9月1日,大阪府
42) 移植適応の多発性骨髄腫に対する治療戦略
角南 一貴
Multiple Myeloma WEB Seminar,2018年9月14日,徳島県
43) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
ニンラーロ エリアWEBセミナー,2018年9月20日,岡山市
44) 移植適応多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
Update on Multiple Myeloma 2018,2018年9月21日,愛知県
45) 多発性骨髄腫の克服に向けて
角南 一貴
Hematological Scientific Seminar,2018年9月29日,岡山市
46) RRMMにおける各薬剤の治療成績
角南 一貴
Multiple Myeloma Foundation Seminar for RRMM West,2018年10月20日,福岡県
47) 当院における再発・難治性多発性骨髄腫に対するダラツムマブの使用経験
牧田 雅典
ダラザレックス発売1周年記念講演会,2018年10月27日,広島県
48) 移植適応MMの治療戦略
角南 一貴
EHIME HEMATOLOGYMEETING 2018-MULTIPLE MYELOMA-,愛媛県
49) 多発性骨髄腫の治療目標
角南 一貴
Okayama IMiDs Conference,2018年11月2日,岡山市
50) 多発性骨髄腫における治療目標~あらゆる場面での治療経験について~
角南 一貴
第4回中国四国骨髄腫カンファレンス,2018年11月10日,岡山市
51) 慢性骨髄性白血病の病態と治療について
角南 一貴
Novartis Hematology CML Web Seminar,2018年11月22日,岡山市
52) 再発難治性多発性骨髄腫治療における層別治療の可能性について
角南 一貴
Takeda Hematology Symposium,2019年1月12日,東京都
53) 移植適応多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
第20回血液疾患を考える会,2019年1月19日,兵庫県
54) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
ニンラーロWEB講演会,2019年1月25日,高知県
55) 初発未治療多発性骨髄腫に対するダラザレックスレジメンに対してキーメッセージを明確にする
角南 一貴
ダラツムマブ キーメッセージに関するアドバイザリーボード,2019年1月29日,東京都
56) 多発性骨髄腫におけるKd療法の有用性について
角南 一貴
Multiple Myeloma Seminar in Okayama 2019,2019年1月31日,岡山市
57) 多発性骨髄腫の治療の進歩
角南 一貴
第34回新潟血液免疫学研究会,2019年2月8日,新潟県
58) 当院におけるダラザレックスの使用経験
牧田 雅典
DARZALEX Short Webinar,2019年2月8日,東京都
59) 再発難治性多発性骨髄腫に対するイキサゾミブの有用性
角南 一貴
Myeloma Symposium in Himeji,2019年2月14日,兵庫県
60) How we conduct Novel Strategy of NDMM in clinical practice?
角南 一貴
International Symposium for Multiple Myeloma 2019,2019年2月23日,東京都
61) IMiDsの役割、IMiDsを用いた今後の治療戦略についてのアドバイス
角南 一貴
Advisory Board Meeting,2019年3月9日,大阪府
62) 移植適応多発性骨髄腫の治療戦略
角南 一貴
Myeloma Symposium in Kobe,2019年3月28日,兵庫県
 
・特集診療科紹介 血液内科(ザ ジャーナルVoll.14 No.3より抜粋)(PDF形式)  
・特集診療科紹介 血液内科(ザ ジャーナルVoll.11 No.4より抜粋)(PDF形式)