トップページ診療・部門の紹介診療科  

整形外科

スタッフの紹介

診療科紹介

1. 診療内容の概要

整形外科は四肢運動器疾患を対象に治療を行っております。治療範囲は非常に広く、脊髄から末梢神経までの神経疾患、関節外科(人工関節や関節鏡、靭帯再建術を含む)、外傷(骨折、筋腱・靭帯損傷)外科学を中心に治療を行っております。治療内容は患者様の病態に合わせて外科的手術のみならず、適切な理学療法を指導いたしておりますが、特に手術療法は最先端医療を行っており、国内外からの手術見学希望者を受け入れている中核病院であります。

2.診療科の特徴

脊椎・脊髄外科

脊椎・脊髄外科は以前より中四国の中心的医療機関の役割を担っております。年間手術件数は約600例で、内視鏡下腰部椎間板ヘルニア摘出術 ( MED )、最小侵襲腰椎前方固定術 ( mini ALIF )、内視鏡下胸椎固定術( VATS )などの最先端手術数は全国トップレベルであり、質・量ともにわが国の中心的役割を担っております。また手術室でCT撮像を行い、コンピューターシステムと合わせてナビゲーション手術を施行しております。

関節外科(特に人工関節)

人工関節置換術は股関節では患者様の年齢、骨質、形態などを考慮し手術を選択しております。最小侵襲アプローチ(minimally invasive surgery)の適応、人工関節の機種選択、骨セメント使用の有無、骨移植の有無を含めて患者様にあった治療法の選択を行っております。

人工膝関節置換術はより大きな関節の可動域を獲得するため、最新機種を導入し、日本人のライフスタイルに合わせた膝関節機能の回復を目指しております。人工関節置換術の年間症例数は年間約150例です。また、肩関節や肘関節の人工関節置換術も積極的に行っております。

外傷(骨折、靭帯再建等)外科

外傷外科学においても、私どもはAO/ASIFを中心とした欧州外傷グループと協力し、最先端骨折治療を提供いたしております。その内容は

・寛骨臼骨折、骨盤輪損傷

これまでタブーとされてきた骨盤外傷の観血的治療法は現在、世界的には積極的に行われる傾向にあります。しかしながら、手術手技は極めて困難であり、合併症の重篤さを考慮すると誰でも行える手技ではありません。現在までに我々は100例の寛骨臼骨折と47例の骨盤輪損傷を観血的に治療してまいりました。その症例数と、学会報告、論文数は日本トップレベルであるといっても過言ではありません。今後は、さらに低侵襲の手術を求め、コンピューター支援法を併用した手術法を開発しております。

・ 最小侵襲プレート骨接合法 ( MIPO )

AOプレート固定法というと解剖学的整復、強固な内固定というイメージがありますが、高エネルギー外傷による粉砕骨折、著明な骨粗鬆症を合併した高齢者の骨折は増加の一途をたどっています。我々は骨折部を展開することなく、遠位部あるいは近位部の小切開部からプレートを滑り込ませて固定するMIPO法を行っております。これまでに65例の症例を治療し、良好な成績を残しております。

そのほかにも偽関節18例、骨髄炎21例、変形癒合13例の治療を手がけており、これまで手付かずだった骨折観血的治療法の合併症例についても積極的に治療を行っております。

難治症例や、複雑で重篤な外傷患者は当科が最も得意とする分野であり、外傷、骨折治療でお困りの患者様がおられましたら気軽に当院地域連携室にご連絡ください。

手術件数
手術件数 (H28年度) (H29年度) (H30年度)
骨折観血的手術(上肢) 129 143 127
骨折観血的手術(下肢) 209 241 220
人工関節置換術(肩関節) 14 14 5
人工関節置換術(股関節) 81 101 121
人工関節置換術(膝関節) 109 130 120
人工骨頭置換術 49 47 54
関節鏡下半月板縫合術 39 32 38
頚椎椎弓形成術 44 65 69
頚椎前方固定術 28 33 31
頚椎後方固定術 20 15 23
内視鏡下椎間板摘出術 88 119 105
椎間板摘出術-ラブ法- 34 51 70
腰椎椎弓切除術 121 126 146
PLIF-脊椎固定術 93 128 127
PLF-脊椎固定術 89 79 65
腱鞘切開術 41 29 37

3. 関係している症状

手足の痺れ、麻痺:徐々に進行する手足のしびれは脊髄における神経圧迫の可能性があります。脳内に異常がある場合も上記を認める場合がありますが、その場合は頭痛を伴うことや、急性に生じることが多いです。いずれにしろ、四肢の知覚障害や運動障害を認めた場合は受診してください。

歩行障害:

歩行障害は種々の原因で生じます。脊髄内で神経の圧迫を生じた場合は下肢の筋力低下や間欠性跛行といって長時間歩けないような症状を呈します。また関節の軟骨が磨り減って生じる変形性関節症も歩行障害の原因です。このような症状を認めた場合はお気軽に当科受診をしてください。

関節痛、関節の腫れ:関節の軟骨が磨り減って生じる変形性関節症はその程度によって保存的治療から人工関節置換術まで様々な治療法が選択されます。また関節の炎症を生じれば関節に水が貯まったり、痛みの原因になります。関節の腫れは変形性関節症や関節リウマチ、痛風など様々な原因によって生じます。このような症状が続く場合は早期に専門医を受診してください。

骨折、脱臼:

外傷のため骨折を生じることは珍しいことではありません。しかしながらその治療は各施設によって驚くほど様々で、治療成績は決して同じものではありません。骨折治療法を誤ると四肢の機能障害をきたします。当科では、できるだけ早期に、完全な機能回復が可能となるように最新治療法を行っております。骨折治療後の長期間のギプス固定はもう古い治療であると認識していただき、当科にお気軽にご相談ください。

4. 治療している主な病気

脊椎病変:

頸椎症、後縦靭帯骨化症、脊髄腫瘍、黄色靭帯骨化症、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、変形脊椎症

変性疾患:

変形股関節症、大腿骨頭壊死、変形性膝関節症、変形性足関節症、外反母趾、変形性肩関節症

骨折後合併症:

感染、変形治癒、癒合不全など。