トップページ診療・部門の紹介診療科  

呼吸器内科

スタッフの紹介

呼吸器内科の特色


当科では、肺癌を中心とした胸部悪性疾患、気管支喘息などのアレルギー疾患、間質性肺疾患など、呼吸器疾患全般を幅広くカバーした診療を行っています。また、これらの疾患は、全身の臓器にまたがっていることが多く、他の診療科と密に連携して治療を行っているのが最大の特徴です。

呼吸器専門医/指導医(日本呼吸器学会)、気管支鏡専門医/指導医(日本呼吸器内視鏡学会)、がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)、あるいはがん薬物療法専門医(日本臨床腫瘍学会) である常勤医師7名と、呼吸器内科レジデント・専攻医5名の計12名が診療にあたっています。

岡山医療センターには、呼吸器科領域全般の多岐にわたる症例が県内外より集まっており、呼吸器系専門病棟(10階B病棟は呼吸器内科と呼吸器外科で構成され、病床数48床) を中心に常時40~50人、年間1000人を超える入院患者に対応しています。呼吸器内科と呼吸器外科とが同じフロアで診療しているため、疾患に応じてシームレスで円滑なチーム医療が達成されています。外来は常勤医師7名が交替で休みなく毎日行っており、1日に40~50名の患者が来院しています。呼吸器内科は24時間オンコール体制を組んでおり、呼吸器インターベンションを含む高度な最先端の医療を提供しています。

当科で扱う疾患と主な診療内容

● 胸部異常陰影に対する精査: 気管支鏡検査、CTガイド下生検
● 肺癌に対する治療: 化学療法、放射線療法、手術、免疫療法、緩和治療
● 感染性肺炎に対する治療: 起炎病原体の推定、適切な抗菌剤の選択
● 間質性肺疾患に対する治療: 抗線維化剤、ステロイドパルス療法、免疫抑制剤を用いた治療など
● 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺気腫: 気管支拡張剤吸入療法
● 慢性呼吸不全: 在宅酸素療法(HOT)の導入、呼吸リハビリテーション、人工呼吸管理
● 気管支喘息に対する治療: ステロイド吸入、気管支拡張剤吸入療法、生物学的製剤、気管支サーモプラスティ
● 気道閉塞などに対する呼吸器インターベンション
● その他、呼吸器希少疾患など

当科での診療の特徴

1) 気管支鏡検査

年間約300~350例に気管支鏡検査を行っています。ガイドシース法、EBUS-TBNAなどの最先端のディバイスを用いた検査を積極的に行っており、さらに、仮想気管支内視鏡(ナビゲーションシステム)や迅速細胞診(Rose: rapid on-site cytological evaluation)を組み合わせることで診断率の向上を図っています。





2) ガイドラインに準じた肺癌の治療

日本肺癌学会「肺癌診療ガイドライン」に基づいた治療を提供しています。細胞障害性抗癌剤(いわゆる従来の抗癌剤) だけでなく、遺伝子診断や免疫染色結果に基づく分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤を用いた治療を積極的に行っています。また、科学的根拠に乏しい治療後期の患者さんに対しても、「決して諦めない肺癌治療」をモットーに診療しております。


3) 気管支喘息の治療

ステロイド吸入療法のみならず、最近では生物学的製剤(オマリズマブ、メポリズマブ、ベンラリズマブ、デュピルマブなど) の有用性が示されており、コントロールが難しい患者さんに導入しています。また、当科では「気管支サーモプラスティ」も行っています。これは重症喘息を治療するための気管支鏡下の手技で、高周波電流により気管支壁を加熱することで、肥厚した気道平滑筋を減少させ、喘息発作を緩和させる方法です。



4) 硬性気管支鏡による処置

全身麻酔下に硬性気管支鏡(太く硬い金属の筒を気管内に挿入) 下で、気道狭窄に対するシリコンステント挿入などの高度な手技を行っています。中国・四国地方では当院を含め数施設でしか行っていません。



認定施設

日本呼吸器学会 認定施設
日本呼吸器内視鏡学会 認定施設
日本がん治療医認定機構 認定研修施設
日本臨床腫瘍学会 認定研修施設

入院実績

2018年度主要入院患者数:新入院患者数1,171人
疾患 患者数
肺がん 496
胸部異常陰影・検査 233
感染性肺炎 162
非感染性肺炎 97
胸膜疾患 27
気管支喘息 28
悪性腫瘍関連 45
COPD・呼吸不全 24
気管支・肺血管疾患 30
その他 29
合計 1171

過去10年間の業績

1. Okawa S, Fujiwara K, Shimonishi A, Matsuura H, Ozeki T, Nishimura J, Kayatani H, Minami D, Shinno Y, Sato K, Ota K, Shibayama T. Rapidly Progressive Acute Kidney Injury Associated with Nivolumab Treatment. Case Rep Oncol 2020;13(1):85-90.
2. Minami D, Takigawa Y, Kayatani H, Sato K, Fujiwara K, Shibayama T. Transoesophageal ultrasound-guided bronchoscopic aspiration of a superior mediastinal tumour using the BF-UC290F instrument. Respirol Case Rep 2019;7(5):e00427.
3. Ozeki T, Fujiwara K, Shimonishi A, Nishimura J, Okawa S, Takada K, Kayatani H, Minami D, Sato K, Shibayama T. Bilateral Testicular Metastases from Lung Adenocarcinoma Showing an Objective Response to Nivolumab: A Case Report and Review of the Literature. Intern Med 2019;58(22):3277-3282.
4. Minami D, Kayatani H, Sato K, Fujiwara K, Shibayama T, Yonei T, Sato T. Clinical Characteristics of Severe Refractory Asthma Associated with the Effectiveness of Bronchial Thermoplasty. Acta Med Okayama 2019;73(2):155-160.
5. 瀧川雄貴,南大輔,佐藤賢,西村淳,尾関太一,大川祥,髙田健二,萱谷紘枝,藤原慶一,柴山卓夫.食道に接する肺腺癌の診断にEUS-B-FNAが有用であった1例.気管支学2019;41(3):298-302.
6. 瀧川雄貴,佐藤賢,南大輔,西村淳,尾関太一,大川祥,高田健二,萱谷紘枝,藤原慶一,柴山卓夫.大腸癌気管分岐部転移に対し気管支動脈塞栓術後にDumon YⓇステントを留置した1例.気管支学2019;41(4):401-406.
7. Okawa S, Kayatani H, Fujiwara K, Ozeki T, Takada K, Iwamoto Y, Minami D, Sato K, Shibayama T. Pembrolizumab-induced Autoimmune Hemolytic Anemia and Hemophagocytic Lymphohistiocytosis in Non-small Cell Lung Cancer. Intern Med 2019;58(5):699-702.
8. Minami D, Ozeki T, Okawa S, Takada K, Iwamoto Y, Kayatani H, Sato K, Fujiwara K, Shibayama T. Comparing the Clinical Performance of the New 19-G ViziShot FLEX and 21- or 22-G ViziShot 2 Endobronchial Ultrasound-guided Transbronchial Needle Aspiration Needles. Intern Med 2018;57(24):3515-3520.
9. Minami D, Kayatani H, Sato K, Fujiwara K, Shibayama T. Effectiveness of benralizumab for allergic and eosinophilic predominant asthma following negative initial results with omalizumab. Respirol Case Rep 2018;7(1).
10. Okawa S, Shibayama T, Shimonishi A, Nishimura J, Ozeki T, Takada K, Kayatani H, Minami D, Sato K, Fujiwara K, Yonei T, Sato T, Suno M. Success of Crizotinib Combined with Whole-Brain Radiotherapy for Brain Metastases in a Patient with Anaplastic Lymphoma Kinase Rearrangement-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer. Case Rep Oncol 2018;11(3):777-783.
11. Takigawa Y, Fujiwara K, Saito T, Nakasuka T, Ozeki T, Okawa S, Takada K, Iwamoto Y, Kayatani H, Minami D, Sato K, Nagao M, Shibayama T. Rapidly Progressive Multiple Cavity Formation in Necrotizing Pneumonia Caused by Community-Acquired Methicillin-resistant Staphylococcus aureus Positive for the Panton-Valentine Leucocidin Gene. Intern Med 2019;58(5):685-691.
12. Minami D, Takigawa N, Oki M, Saka H, Shibayama T, Kiura K. Needle wash solution cultures following EBUS-TBNA with or without endobronchial intubation. Respir Investig 2018;56(4):356-360.
13. Minami D, Ando C, Nakasuka T, Iwamoto Y, Sato K, Fujiwara K, Shibayama K, Yonei T, Sato T. Usefulness of Bronchial Thermoplasty for Patients with a Deteriorating Lung Function. Intern Med 2018;57:75-79.
14. Minami D, Takigawa N, Kano H, Ninomiya T, Kubo T, Ichihara E, Ohashi K, Sato A, Hotta K, Tabata M, Tanimoto M, Kiura K.Discomfort during bronchoscopy performed after endobronchial intubation with fentanyl and midazolam: a prospective study. Jpn J Clin Oncol 2017;47(5):434-437.
15. Minami D, Nakasuka T, Ando C, Iwamoto Y, Sato K, Fujiwara K, Shibayama T, Yonei T, Sato T. Bronchoscopic diagnosis of peripheral pulmonary lung cancer employing sedation with fentanyl and midazolam. Respir Investig 2017;55(5):314-317.
16. Minami D, Ando C, Sato K, Moriwaki K, Sugahara F, Nakasuka T, Iwamoto Y, Fujiwara K, Shibayama T, Yonei T, Sato T. Multiple Mucosa-associated Lymphoid Tissue Lymphoma of the Trachea. Intern Med 2017;56(21):2907-2911.
17. 南大輔,佐藤賢,安東千裕,中須賀崇匡,岩本佳隆,頼冠名,藤原慶一,柴山卓夫,宮原信明,米井敏郎,木浦勝行,佐藤利雄.気道狭窄を伴うALK陽性肺癌に緊急ステント留置術およびアレクチニブが奏効した1例.気管支学 2017;39(4):322-327.
18. 向原史晃,藤原慶一,安東千裕,中須賀崇匡,岩本佳隆,柴山卓夫.形質細胞増多とADA高値の胸水貯留が初発症状であった全身性エリテマトーデスの1例.日呼吸誌2017;6(5):393-398.
19. 山本治慎,佐藤賢,槇本剛,板野純子,渡邉洋美,頼冠名,藤原慶一,柴山卓夫,米井敏郎,佐藤利雄.ランバート・イートン筋無力症候群と傍腫瘍性小脳変性症を伴った小細胞肺癌の1例.日本胸部臨床2016;75(4):438-444.
20. 松浦宏昌,藤原慶一,渡邉洋美,佐藤賢,佐藤利雄,柴山卓夫.潰瘍性大腸炎の治療中に発症したインフリキシマブによる薬剤性肺障害の1例.日本呼吸器学会誌2016;5(5):255-258.
21. 渡邉洋美,藤原慶一,頼冠名,佐藤賢,米井敏郎,佐藤利雄,柴山卓夫.胃部X線健診にて発見され,狭帯域光観察が有用と考えられた原発性気管支動脈蔓状血管腫の1例.気管支学 2016;38(6):510-514.
22. 頼冠名,肥後寿夫,槇本剛,渡邉洋美,板野純子,佐藤賢,藤原慶一,柴山卓夫,米井敏郎,佐藤利雄.難治性アスペルギルス膿瘍に対し経皮的ドレナージとendobronchial Watanabe spigot(EWS)充填併用が有用であった1例.気管支学 2015;37(4):388-392.
23. Higo H, Fujiwara K, Watanabe H, Makimoto G, Kameyama N, Matsushita M, Rai K, Sato K, Inomata T, Sunami K, Shibayama T. Diffuse Parenchymal Pulmonary Amyloidosis Showing an Objective Response to Bortezomib-based Chemotherapy. Intern Med 2014;53(16):1809-1812.
24. Makimoto G, Fujiwara K, Fujimoto N, Yamadori I, Sato T, Kishimoto T. Phrenic nerve paralysis as the initial presentation in pleural sarcomatoid mesothelioma. Case Rep Oncol 2014;7(2): 389-392.
25. Makimoto G, Fujiwara K, Watanabe H, Kameyama N, Matsushita M, Rai K, Sato K, Yonei T, Sato T, Shibayama T. nab-Paclitaxel in Combination with Carboplatin for a Previously Treated Thymic Carcinoma. Case Rep Oncol 2014;7(1):14-17.
26. 時政雄平,藤原慶一,安藤陽夫,山鳥一郎,朝倉昇司,佐藤利雄.繰り返す喀血にて発症し,多彩な胸部画像所見を呈したMALTリンパ腫の1例.日本呼吸器学会雑誌2014;3(1):93-97.
27. Higo H, Fujiwara K, Makimoto G, Tokimasa Y, Kameyama N, Rai K, Sato K, Yonei T, Andou A, Sato T. Multimodality Treatment Is an Attractive Approach for Thymic Carcinoma: Review of 11 Cases at a Single Institute. Journal of Cancer Therapy 2013;4:742-746.
28. 横山聖太,佐藤賢,槇本剛,萱谷紘枝,藤原慶一,佐藤利雄.集学的治療により救命しえたclinically amyopathic dermatomyositisに合併した急速進行性間質性肺炎の1例.日本呼吸器学会雑誌2013;2(6):767-772.
29. 時政雄平,藤原慶一,肥後寿夫,亀山伸久,萱谷紘枝,松尾 潔,米井敏郎,佐藤利雄.非侵襲的陽圧換気法が有効であった臭化ジスチグミンによるコリン作動性クリーゼの1例.日本胸部臨床2013;72(8):894-899.
30. 渋川昇平,松尾潔,肥後寿夫,時政雄平,萱谷紘枝,松下瑞穂,工藤健一郎,藤原慶一,米井敏郎,佐藤利雄,重松久之,安藤陽夫.気管原発腺様嚢胞癌の1例.日本胸部臨床2013;71(5):494-499.
31. 時政雄平,松尾潔,槇本剛,肥後寿夫,亀山伸久,松下瑞穂,佐藤賢,藤原慶一,米井敏郎,佐藤利雄.脊髄横断症状にて発症した原発性肺癌症例の検討.日本呼吸器学会雑誌2013;2(4):321-326.
32. Kayatani H, Matsuo K, Ueda Y, Matsushita M, Fujiwara K, Yonei T, Yamadori I, Shigematsu H, Andou A, Sato T. Pulmonary tumor thrombotic microangiopathy diagnosed antemortem and treated with combination chemotherapy. Intern Med 2012;51(19):2767-2770.
33. Tokimasa Y, Fujiwara K, Higo H, Kameyama N, Kayatani H, Sato K, Matsuo K, Yonei T, Manabe K, Yasui Y, Asagoe K, Sato T. Photosensitivity reaction induced by erlotinib. Int Canc Conf J 2012;1(3):173-175.
34. 吉井肇,松尾潔,藤原慶一,米井敏郎,佐藤利雄,山鳥一郎,安藤陽夫.肉腫型悪性胸膜中皮腫の術後1年後に上皮型悪性胸膜中皮腫が顕在化した1例.日本呼吸器学会雑誌2012;1(4):315-321.
35. 野田和代,藤原慶一,水田真琴,津島瑞穂,工藤健一郎,松尾潔,米井敏郎,佐藤利雄.眼窩内転移で発症し,脳転移に対してエルロチニブが奏効した進行非小細胞肺癌の1例.日本胸部臨床2012;71(1):92-99.
36. 工藤健一郎,松尾潔,山下晴弘,藤原慶一,米井敏郎,佐藤利雄.血痰にて発症し右心転移から肺動脈腫瘍塞栓をきたし,肺梗塞を繰り返した食道癌の1例.日本呼吸器学会雑誌2012;1(1):20-26.
37. 上岡亮,松尾潔,松下瑞穂,藤原慶一,米井敏郎,佐藤利雄.気管内病変を認めた肺原発Diffuse Large B-cell Lymphomaの1例.気管支学2012;33(6):475-480.
38. Rai K, Fujiwara K, Tsushima M, Kudo K, Mizuta M, Matsuo K, Yonei T, Yamadori I, Kiura K, Sato T. A Case of Colorectal Cancer with Double-activating Epidermal Growth Factor Receptor Mutations. Jpn J Clin Oncol 2011;41(9):1138-1141.
39. 若槻雅敏,松尾潔,萱谷紘枝,藤原慶一,米井敏郎,佐藤利雄.多彩な腫瘍随伴症状を呈した小細胞肺癌の1例.日本呼吸器学会雑誌2011;49(7):517-522.
40. Kudo K, Fujiwara K, Tsushima M, Mizuta M, Matsuo K, Yonei T, Sato T. Toxicity manifesting as cosmetic hair alterations during erlotinib treatment. Acta Oncol 2011;50(1):146-148.
41. 亀山伸久,松尾潔,工藤健一郎,藤原慶一,山鳥一郎,米井敏郎,佐藤利雄.発症から7年後に死亡したNocardia otitidiscaviarumによる肺ノカルジア症の1例.日本胸部臨床2011;70(2):180-185.
42. 藤井詩子,松尾潔,藤原慶一,米井敏郎,佐藤利雄.急速進行性間質性肺炎,血球貪食症候群を伴った皮膚筋炎の1例.内科2010;106(3):571-575.
43. 上田裕介, 松尾潔, 津島瑞穂, 水田真琴, 藤原慶一, 米井敏郎, 佐藤利雄.自家蛍光電子内視鏡にて治療経過を観察しえた気管原発MALTリンパ腫の1例.気管支学2010;32(2):162-168.

・特集診療科紹介 呼吸器内科(ザ ジャーナルVoll.15 No.1より抜粋) (PDF形式)