トップページ診療・部門の紹介診療科  

小児神経内科

岡山医療センターでは、2017年から院内標榜科として「神経小児科」を開設し、2020年から正式な院外標榜科として「小児神経内科」がスタートしました。小児神経・てんかん・代謝異常症などを専門とする小児科・新生児科のスタッフで構成されます。

主にけいれん性疾患(熱性けいれん、てんかん)、中枢神経感染症(脳炎・脳症、髄膜炎)や脳性麻痺、発達の遅れなどがあるお子さんの診療をしています。

 
<けいれん性疾患・てんかん>

けいれん性疾患は小児では非常に多く、小児救急医療の代表的疾患でもあります。当科では年間1000件以上の脳波検査を行うなど、小児神経専門医、てんかん専門医が中心となって診療に励んでいます。近年は新規抗てんかん薬が相次いで認可・発売されており、これまで難治であった患者さんがより良い生活を送れるようになることが期待されています。難治てんかんについては、国内有数のてんかんセンターである「岡山大学病院てんかんセンター・小児神経科」と密に連携して診療を行っています。

 
<脳炎・脳症>

緊急脳波検査、緊急MRI検査なども積極的に行い、脳炎・脳症の的確な診断と初期治療に努めております。高度な集中治療管理が必要な場合に備えて小児ICU治療の経験が豊富な「岡山大学病院EICU」との連携体制を構築しています。

 
<先天代謝異常症>

神経症状の原因として先天代謝異常症が隠れていることがあります。当科では、県内でも数少ない代謝異常症を専門とする小児科医が、基礎疾患の検索、専門的治療(薬物療法、酵素補充療法など)に関わっています。


<新生児神経疾患>

当院は総合周産期母子医療センターであるため、新生児神経疾患(低酸素性虚血性脳症、新生児発作、脳形成異常、先天性水頭症、神経筋疾患など)のお子さんたちもNICUに多く入院します。このようなお子さんたちの急性期診療にチームの一員として関わりつつ、退院後のフォローアップや治療も担当しています。


★発達外来開設のおしらせ
<神経発達症・発達障害>

自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如多動症(ADHD)、限局性学習症(学習障害)などの神経発達症(発達障害)については、2019年秋から小学生以上の年齢のお子さんを対象に外来を始めました。院内の言語聴覚士によるリハや、放課後等デイサービスと連携しながら家や学校での生活をサポートしています。

小学生未満でも、就学直前でお急ぎの場合(幼稚園・保育園の年長さん)には外来で対応いたします。年中さん以下のお子さんの場合には、長期的な視点に立った療育へのスムーズな連携が重要になりますので、療育機能の充実したクリニック・病院の受診をお勧めしています。



★初診の患者さまへ

小児神経内科外来は平日の午後に行っています。初診で直接受診される場合は、まず通常の小児科外来を受診していただき、一通りお話を伺った上で後日の小児神経内科外来の予約を取る流れになります。かかりつけの先生から紹介していただく場合には、地域連携室を通して小児神経内科外来の初診予約が可能です。

発達外来は金曜日の午後に行っています。外来診療に時間を要する分野(一人に30分~60分)ですので、診療枠はあまり多くありません。そのため、初診は週にお一人限りとさせていただいており、発達外来初診枠は金曜日13:00-14:00のみです。よろしくお願いいたします。
発達外来での診療は初回が問診・診察→その後いくつかの検査→結果の説明と診断がでるまでに複数回の受診が必要です。

 
 
小児神経内科 外来担当スタッフ 井上 拓志(いのうえ たくし)(小児科医師)
H14年卒
小児科専門医・小児神経専門医・てんかん専門医
日本臨床神経生理学会認定医(脳波分野)
専門分野)小児神経一般・難治てんかん・神経筋疾患
 
竹内 章人(たけうち あきひと)(新生児科医師)
H15年卒
小児科専門医・小児神経専門医・周産期専門医(新生児)
専門分野)小児神経一般・新生児神経学・神経発達症
 
宮原 大輔(みやはら だいすけ)(小児科レジデント)
H21年卒
小児科専門医
専門分野)小児神経一般
 
白神 浩史(しらが ひろし)(小児科非常勤医師)
小児科専門医・子どものこころ専門医
専門分野)心身症・神経発達症
 
サポートメンバー 古城 真秀子(ふるじょう まほこ)(小児科医師)
H5年卒
専門分野)先天代謝異常症・内分泌
 
 
若手小児科医師のみなさまへ

当院は日本小児神経学会専門医研修の研修関連施設(研修認定施設:岡山大学病院小児神経科)です。てんかん外科手術等は他施設で経験する必要がありますが、当院では2名の小児神経専門医の指導のもと幅広い分野の小児神経研修を受けることが可能です。また、全国学会・国際学会での学会発表、論文発表も積極的に行っており、疫学者のサポートのもと臨床研究の指導を受けることも可能です。年齢的には中堅の医師が多く、活気のある小児神経内科です。小児神経医療に興味を持つ若い先生方をお待ちしています。



・特集診療科紹介 小児神経内科(ザ ジャーナルVoll.15 No.3より抜粋)(PDF形式)